ソリューション ファインダー

Mr Green's Blog

ENERGY STAR の2021最新情報

環境保護庁 (EPA) は、COVID-19 の懸念によりキャンセルされた対面での 2021 ENERGY STAR® 製品パートナー ミーティングに代わって、2021 年秋のENERGY STAR 製品ウェビナー シリーズを開催しました。シリーズを始めるにあたり、EPA は、ENERGY STAR プログラムの概要を説明し、プログラムの仕様と促進の最新情報を示しながら、国内における効率化の傾向とポリシー策定の推進要因について話し合いました。

EU オンライン エネルギー ラベリングと準拠状況

EU では、5 つの製品カテゴリーに新しいエネルギー ラベリングが採用され、消費者がより効率的な製品を購入することを促すために、A から G までの区分がより意味のある形で再規定されました。消費者の購買行動が大幅にオンライン化されたことで、エネルギー効率化の推進者は、エネルギー ラベルの枠組みや製品ごとの規制に対するオンラインでの準拠状況を評価しています。

住宅を給付金で改修 – イタリア、エネルギー効率の高い住宅改修に 110% の税額控除を提供

イタリア政府は、経済活性化の一環として、町や村が改修の取り組みと引き換えに廃屋を 1 € で販売するなど、いくつかのインセンティブを提供しています。また、すでにイタリア国内に不動産を所有し、エネルギー効率や耐震安全性を目的として改修を行う場合、歳入庁によりスーパーボーナスと呼ばれる 110% の税額控除が認められています。

ENERGY STAR テレビ規格 V9、動的輝度が焦点に

米国環境保護庁 (EPA) では、2020 年に初めて提案された ENERGY STAR® テレビ規格バージョン 9 の最終草案が間もなく完成する予定です。4K 及び 8K の超高解像度テレビの開発に後押しされ、最新規格の主な変更点には、オンモード時のパワー リミットに関する試験方法の簡素化、及びすべてのスマート テレビ オペレーティング システムに対する統一された待機時のパワー リミットの設定が含まれています。

スマート ホーム デバイスが求める小型で効率的な電源

ラジオ、センサー、アクチュエータ、及びその他の接続部品を含む数十億のライン入力スマート デバイスが絶えず電気を必要とし、これらはすべて、世界のエネルギー消費に大きな影響を及ぼしています。IoT の未来を支えるために、超低待機電力で小型高効率のオフライン電力変換装置がこれまでになく必要とされています。

グリッド インタラクティブ エフィシェント ビルディングに対する国家のロードマップ

ホワイトハウスは、大統領の気候アジェンダの一環として連邦ビルディング向けの持続可能性ベンチマークの開発計画を発表しました。ビルディングは、米国の電力消費及び発電部門の二酸化炭素排出量の 70% 以上を占めています。

You Missed PCIM Digital Days? You Missed A Lot.

For the second year in a row, PCIM Europe was held virtually. And, just like last year, Power Integrations went all out with a full slate of activities. In a number of industry sessions we covered our groundbreaking technologies, and announced multiple new products. In case you missed the show here are some highlights.

Proposed Amendments to California Regulations on Computers and Monitors

On November 18, the CEC held an online public hearing on a Notice of Proposed Action to amend Title 20 Computer and Monitor Regulations.

ENERGY STAR テレビ向けバージョン 9.0 ドラフト 1 の仕様

ENERGY STARのチームは、9 月 30 日に開催された関係者向けウェビナーでテレビ向けバージョン 9.0 ドラフト 1 の仕様をレビューしました。米国環境保護庁 (EPA) は、2021 年前半に最終的な仕様を含むその後のドラフトを発表し、2021 年の第 4 四半期に発効することを想定しています。

ルーム エアコン向けの省エネ基準に対する DOE の分析

米国エネルギー省 (DOE) は、8 月 5 日にルーム エアコン (AC) 向けの家電製品基準に関する公聴会とウェビナーを開催し、さまざまな評価や予備分析を提示しました。

ENERGY STAR Most Efficient 2021 の認定基準の提案

米国環境保護庁 (EPA) は、ENERGY STAR Most Efficient (ESME) 2021 の全製品カテゴリーの認定基準を提案するためのウェビナーを開催しました。ENERGY STAR ブランドの拡張として、その 11 年目に、ENERGY STAR の資格を得た製品の中から、最高効率製品に Most Efficient ラベルが付与されます。Most Efficient ラベルは、環境保護意識が高く、早期に最高水準の高効率製品の導入を試みる企業を誘導することに役立っています。また現在、212 の ENERGY STAR パートナーを通して、さまざまな製品群における 3320 のモデルを対象としています。

DOE、外部電源の省エネ基準を見直す

米国エネルギー省 (DOE) は、外部電源 (EPS) の現行の省エネ基準を検討しています。連邦規制基準 (CFR) に定義されているように、「外部電源」は、消費者向け製品を使用するために家庭用電流を DC 電流またはより低い電圧の AC 電流に変換する外部電源回路です。DOE は、2014 年にレベル VI 効率基準を発行し、米国で 2016 年から有効になりました。エネルギー政策と省エネ法 (EPCA) は、DOE が少なくとも 6 年に一度この基準を見直し、修正するかどうかを発表し、必要に応じて新しい基準を提案することを求めています。

中国におけるルームエアコンの新しい規制

2005 年より、中国は中国国家標準 (GB: Guo Biao) でエネルギー効率を取り上げ、適用範囲、パラメータ、及び家電製品やフラットパネル テレビから照明器具、安定器、自動車部品までの製品の規範的試験の制限値を設定しています。2019 年 12 月 31 日に、中国はルームエアコンに関する新しい GB 国家標準を正式に発行しました。GB 21455-2019 では、エネルギー効率の最小許容値を設定し、ルームエアコンに対するエネルギー効率グレードを定義しています。2020 年 7 月 1 日から発効する新しい強制力のある規制は、これまでの GB 12021.3-2010 標準と GB 21455-2013 標準に置き換わり、空調製品に新しい GB ラベルを貼付して販売することを求めています。