ソリューション ファインダー

ENERGY STAR テレビ規格 V9、動的輝度が焦点に

HD TVs

米国環境保護庁 (EPA) では、2020 年に初めて提案された ENERGY STAR® テレビ規格バージョン 9 の最終草案が間もなく完成する予定です。4K 及び 8K の超高解像度テレビの開発に後押しされ、最新規格の主な変更点には、オンモード時のパワー リミットに関する試験方法の簡素化と、すべてのスマート テレビ オペレーティング システムに対する統一された待機時のパワー リミットの設定が含まれています。

また、EPA は、テレビ メーカーがエネルギー消費要件を満たす目的で現実的でないほど画面を暗くしないよう、デフォルトの輝度レベルを過度に下げることを抑制する新しい規則を制定しています。

オンモード時のパワー リミット

バージョン 9 の最大の変更点は、LED テレビのより現実的な動作条件を捉えるために、動的輝度 (DL) を強調したことです。テストでは、新型テレビの各モデルについて、3 つのプリセット ピクチャ設定 (PPS) でオンモード時の電力 (POA) を測定します。

図 1 - テレビ PPS エネルギー使用量の例

  • デフォルト
  • 最も明るい
  • HDR10 (高ダイナミック レンジ)

各 PPS には、テレビの表示可能な画面領域及び DL に基づいて計算される、関連付けられたオンモード時のパワー リミットがあります。最新の草案では、オンモード時の電力が 3 つすべての PPS で平均リミットを下回った場合に、そのテレビの認定が許可されます。

図 1 に示す例で、テレビは、HDR10 設定におけるオンモード時のパワー リミット下で 16 W です。また、最も明るい設定の下では 23 W です。デフォルト設定で限度を超えた場合は 9 W ですが、3 つすべての PPS の平均は 10 W です。したがって、このテレビは ENERGY STAR の認定要件を満たしています。このオンモード時のパワー リミットの平均によるアプローチにより、テレビのメーカーは、残りの設定が相対的に少ないエネルギーを消費してバランスをとる限り、HDR10 や最も明るい設定などの高性能設定では、より高い多くの電力を使用できます。ただし、これはまた、1 つ以上の PPS を過度に低く調光して省エネ効果を主張するといった、システムの不正操作の可能性にもつながります。

不正をしてはいけません!

図 2 - 動的輝度 vs. 画面対角線過度に暗くする誘因を排除するために、EPA はオンモードのパワー リミットの遵守に関連する計算に使用するためのより低い輝度のしきい値を提案しています。デフォルトと最も明るい場合のしきい値は 20 cd/m2 で、HDR の場合は 10 cd/m2 です。現在 DL を特定のレベルにする政策的なインセンティブがないため、図 2 のデータポイントは、消費者が望んでいるとメーカーが想定しているものを表しています。

EPA は、これらのしきい値がテレビの最低輝度要件ではなく、省エネルギーの主張にのみ適用されることを強調しています。テレビの明るさがどのようなデフォルト設定であっても、ENERGY STAR に参加することができます。

スタンバイアクティブ、低電力モード

もう 1 つの簡素化は、スタンバイアクティブ、低電力モードの電力におけるものです。最新の草案では、デフォルトの SDR PPS からこのモードに入った後にのみテストすることを求めています。

草案 2 でも、1 W のスタンバイアクティブ、低電力モードの制限を提案しています。アクティブ ネットワークに接続された 37 のテスト済みテレビのうち、17 のモデルはスタンバイアクティブ、低電力モードを 1 W 未満に維持しました。その結果に基づき、EPA は、メーカーがオペレーティング システム プロバイダーと協力してスタンバイ電源のレベルをこの限度未満に抑えることが可能であると考えています。

スタンバイ状態、低電力モードで高効率を維持し、利用可能な電力を最大化する PI の超低待機電力ソリューションの詳細については、テレビとモニターのアプリケーションページをご覧ください。

改訂された仕様に関するすべての資料については、ENERGY STAR テレビ製品開発のページをご覧ください。
https://www.energystar.gov/products/spec/televisions_specification_version_9_0_pd