ソリューション ファインダー

住宅を給付金で改修 – イタリア、エネルギー効率の高い住宅改修に 110% の税額控除を提供

Energy Efficient Building Renovation

スーパーボーナス 110% イタリア政府は、経済活性化の一環として、町や村が改修の取り組みと引き換えに廃屋を 1 € で販売するなど、いくつかのインセンティブを提供しています。また、すでにイタリア国内に不動産を所有し、エネルギー効率や耐震安全性を目的として改修を行う場合、歳入庁によりスーパーボーナスと呼ばれる 110% の税額控除が認められています。

スーパーボーナス 110% の税額控除は、COVID-19 の危機に対応したイタリアの「再生令」の一部です。これには、耐震改修のための「スーパー地震ボーナス」と、エネルギー効率化プロジェクトのための「スーパー エコボーナス」があります。後者の場合、住宅所有者は、断熱材、空調システム、暖房システムなど、いわゆる「運用」のためのプロジェクトを少なくとも 1 つ実施する必要があります。また、電気自動車の充電インフラや太陽光発電システムなども追加プロジェクトとして認められます。

 

作業の種類 建物の種類 最大額
断熱 単一物件
複数ユニットの物件 (2 から 8 ユニット)
複数ユニットの物件 (9 ユニット以上)
50,000 €
ユニットあたり 40,000 €
ユニットあたり 30,000 €
暖房または空調システム 単一物件
複数ユニットの物件 (2 から 8 ユニット)
複数ユニットの物件 (9 ユニット以上)
30,000 €
ユニットあたり 20,000 €
ユニットあたり 15,000 €
電気自動車用充電ステーション* 単一物件
複数ユニットの物件 (2 から 8 ユニット)
複数ユニットの物件 (9 ユニット以上)
ユニットあたり 2,000 €
ユニットあたり 2,000 €
ユニットあたり 2,000 €
グリッドに接続された太陽光発電システム* 各住宅ユニットに対して 48,000 €
(kW あたり 2,400 € の制限)
補助金付き太陽光発電システムに組み込まれた蓄電システム* 各住宅ユニットに対して 48,000 €
(kW あたり 1,000 € の制限)

* 少なくとも 1 つの断熱、暖房、空調のプロジェクトとともに行う必要があります。

 

屋根にソーラーを設置したイタリアの住宅 もちろん、住宅所有者は改修による省エネ効果を証明する必要があります。ビルやマンションのエネルギー区分が 2 クラス以上上がり、工事前後のエネルギー性能証明書で証明する必要があります。新築の建物は対象外です。

住宅所有者がお金を受け取る方法は?

税制上の優遇措置は、経費の発生時期に応じて、経費の 110% の金額を年 4 回または 5 回に分けて均等に分割して支払われます。控除額は 3 つの方法のいずれかで受け取ることができます。

  1. 所得税の税額控除として。
  2. ベンダーに適用される請求書の割引として。請求書の合計金額の 100% を上限とします。その後、ベンダーはその割引額の 110% を控除として受け取ることになります。
  3. 銀行や保険会社などの機関に譲渡する債権として。場合により、これらの機関は、債権によって返済するための融資を行うことができます。

イタリア政府は、このプログラムが関係者全員にメリットをもたらすと考えています。住宅所有者は無料で家を改修することができ、エネルギー コストを削減し、不動産の価値を高めることができます。施工業者は売上を伸ばすことができ、政府はエネルギー消費と経済の両方が改善されると考えています。

同様のプログラムが欧州各地で実施されています。欧州委員会は、欧州グリーン ディールの主要な取り組みとして、「リノベーション ウェーブ戦略」を発表しました。この戦略は、2030 年までに改修率を 2 倍にして、3,500 万棟の建物をリノベーションし、建設部門で最大 16 万人のグリーン ジョブを創出することを目的としています。

スーパーボーナスの詳細については、歳入庁のスーパーボーナス 110% の Web サイト及び概要表 (イタリア語) に掲載されているガイドの最新バージョンをダウンロードしてください。